【テニス全豪OP開幕】大坂なおみ選手初戦突破!連覇に期待 男子西岡選手も初戦突破!|もしもしワールド
スポーツ

【テニス全豪OP開幕】大坂なおみ選手初戦突破!連覇に期待 男子西岡選手も初戦突破!

大阪なおみ2連覇への好スタート!初戦をストレートで勝利

本日20日、シーズン最初のグランドスラム「全豪オープン」がオーストラリアのメルボルンで開幕した。

全豪オープン(英語:Australian Open)は、毎年1月後半にオーストラリアのメルボルンで開催される4大国際大会(グランドスラム)の一つであり、4つの中で最初の国際大会。主催および運営はテニス・オーストラリアが行う。

参考;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E8%B1%AA%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3

大会初日の今日は、男子シングルス1回戦、女子シングルス1回戦が行われ、4名の日本人選手がそれぞれ初戦に臨む予定だ。今回は合計7名の日本人選手が出場する。

名前 世界ランク 年齢 初戦
大坂なおみ 3位 21才 20日
土居美咲 80位 28才 21日
日比野菜緒 103位 25才 20日
西岡良仁 71位 24才 20日
内山靖崇 93位 27才 21日
杉田祐一 89位 31才 21日
伊藤竜馬 145位 31才 20日

なお、男子シングルスの錦織圭選手は、去年10月に手術をした右ひじなどが十分なレベルでプレーする状態にないとしてATPカップ(オーストラリア/パース、ブリスベン、シドニー)と今回の全豪オープンは欠場している

連覇の期待がかかる大阪なおみ選手は今大会第3シード!初戦は今回が初対戦となる世界59位(ランキングは1月13日付け)のマリー・ブーズコバ(チェコ)と対戦した。

結果は6-2, 6-4のストレートでマリー・ブーズコバ選手を下し、5年連続の初戦突破を果たした。2連覇へ向けた好スタートである。
試合の中盤、第2セットで強烈なサーブを放ってネットのベルト部分を破壊し、試合が数分間にわたり中断する場面もあったとのこと。

ネットを破壊するほどの強烈なサーブに大会公式ツイッターでは「あなたのサーブがパワフルだからネットを壊しちゃったよ!」とキャプションをつけて動画付きで公開している。
このツイートに対して海外ファンからは「その通り」「ナオミのパワー!」「ナオミ・オオサカ1ゲーム先取、一方ネットは0ゲーム」などと反響が集まっていた。

 

試合終了後のインタビューでは対戦相手のブーズコバについて「初めての相手と戦うのは大変だった」と話した。そして「彼女はこれからもっと強くなるでしょう」と21歳のブーズコバを称えた。

2回戦では中国の鄭賽賽(Saisai Zheng、ジェン・サイサイ)と22日に対戦する。

男子シングルス 西岡良仁も格上相手に勝利!

 

西岡良仁 3-1 ラスロ・ジェレ
6-4、3-6、6-2、7-6
試合後西岡は
「タイトな試合だった。五輪出場権もかかっているため、少し堅くなった。勝ちを拾えて良かった」。
と答えている。
西岡は持ち味の緩急をつけたプレーで、ジェレのミスを誘い、相手がミスを減らすために守りにはいると攻撃するプレーで得点を重ねた。第4セットは、自分のサーブが思うように入らず、気持ちが少し乱れたが最後はタイブレークで振り切り見事勝利を納めた。
RELATED POST