【2020年】3月はスーパームーン!ベストタイミングはいつ?満月の見える方向や天気は?|もしもしワールド
日常のおもしろ

【2020年】3月はスーパームーン!ベストタイミングはいつ?満月の見える方向や天気は?

月のパワーが最高潮に高まる満月の日は、生命や自然の神秘を感じる場面ではないでしょうか?

毎月1回は満月の日がありますが、3月の満月は地球距離がかなり近くなる

スーパームーンの満月です!

今年のスーパームーンは342回だけなので、普段は忙しくて夜空を見上げなくても、ほっと一息ついてまんまるのお月様を眺めてみませんか?

スーパームーンのベストタイミングは9日の夜!方角は西南西!

国立天文台の暦計算室によると、3月10日(火)の2:48が満月だそうです。

なので、満月を見るには39日の夜がおすすめです!

10日の夜だと思って間違えないようにしなきゃ!

ちょうど日付が変わる頃、最も高い60度くらいに位置しており、満月の時間帯に月の見える方向は、西南西で、高度は40度くらいになります。

気になるお天気はと言うと、3月2日現在では夜にかけて晴れマークが出ているので、このままいいお天気だといいですね!

引用:気象庁

3月の満月は通称「ワームムーン」その意味や由来は?

3月の満月は通称「ワームムーン」と呼ばれています。

アメリカには農業暦(Farmers’ Almanac)というものがあり、そこには、各月の満月の名前が記されているんです。

3月の満月は、ワーム(worm)=ミミズです!

3月になると気候が穏やかになり、地面が温かくなり始めると、雪解けの地面に土の中からでてきたミミズの這った跡が見られるようになることから、Worm Moon(ワームムーン、芋虫月)と呼ばれるようになったそうです。

その他にも

  • Crust Moon(クラストムーン、堅雪月)

→日中に雪が溶け、その水が夜に凍り付いて表面の固くなった雪を表現することから

  • Sap Moon(サップムーン)

→メープルシロップになるカエデの樹液(sap)が採取できることから

  • Death Moon(デスムーン)

→冬の最後の満月であり、一年のサイクルがここでいったん終了することから

などという呼び方もあります。

暖かい(warm)から来たわけじゃないのね!

それにしても、地面を這いずり回るミミズにちなんで満月に名前を付けるなんて、昔のアメリカ人の感性はかなり独特だったみたいですね。

最後に

満月を眺めながら、季節のイメージを膨らませて感じてみるのなんて素敵じゃないでしょうか?

今年最初のスーパームーン!見逃せないわね

よければ夜空を眺める際の参考にしてみてくださいね!

 

【令和】スーパームーンはいつ?今年は何回あるの?見える方向や天気は?【2020年】帰り道など。ふと空を見上げた時「あれ?今日の月はなんか大きいな!」 と思ったことはありませんか? それはもしかしたらスーパー...
RELATED POST