【神秘的】2月の満月「スノームーン」のベストタイミングはいつ?2020年2月に見える方向や時間、名前の由来は?|もしもしワールド
日常のおもしろ

【神秘的】2月の満月「スノームーン」のベストタイミングはいつ?2020年2月に見える方向や時間、名前の由来は?

月のパワーが最高潮に高まる満月には、生命や自然の神秘を感じる場面ではないでしょうか?
普段は忙しくて夜空を見上げなくても、満月の日くらいはほっと一息ついて冬のお月様を眺めてみませんか?

2月の満月:ベストタイミングは9日の夜!方角は東の空!

国立天文台の暦計算室によると、2月9日(日)の16:34が満月だそうです。

なので、満月を見るには2月9日の夜がおすすめです!

月の見える方向は、東北東から東の空にかけて浮かんできます。

気になるお天気と言うと、2月4日現在では日本各地晴れ模様のようです!

 

スノームーンの意味や由来は?

2月の満月は「スノームーン」と呼ばれています。

Snow Moon(雪の月)以外にも
Storm Moon(嵐の月)
Hunger Moon(飢餓の月)

などの呼び方もあります。

なんだか全部厳しそうな環境ね、、!

イメージしやすいかと思いますが、北アメリカの2月は寒さが厳しく雪が多いため、2月の満月にはSnow Moon(雪月)という名前が付いたそうです。

StormやHungerというのも、納得できますね!

最後に

満月眺めながら、季節のイメージを膨らませて感じてみるのなんて素敵じゃないでしょうか?

天気もいいみたいだから、snow moon楽しみね🌝

よければ夜空を眺める際の参考にしてみてくださいね。

RELATED POST