【胸糞】「未成年だから殺人してもどーせ少年院いって終わりっしょw」4人を残虐リンチで殺害..死刑確定から25年が経過も未執行なのはおかしい..|もしもしワールド
社会問題

【胸糞】「未成年だから殺人してもどーせ少年院いって終わりっしょw」4人を残虐リンチで殺害..死刑確定から25年が経過も未執行なのはおかしい..

1994年に起きた「大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件」を覚えている人はどれくらいいるでしょうか。

戦後史の残るほど残虐で、凶悪な事件の1つなのですが、あまり覚えていないという方も多いかもしれません。

というのもこの事件の前後には

  • 事件発生前→松本サリン事件
  • 逮捕→翌日に阪神淡路大震災
  • 死刑確定→翌日に東日本大震災

とかなり大きな事件や災害が相次いで起きていたからです。

当時未成年だった少年3人は未成年でありながら、あまりの残虐さと逮捕後も遺族を嘲笑う傍若無人な言動を繰り返したことで死刑が確定しました。

しかし、1994年の事件から25年経った今も、この死刑は未だ執行されていないのです。

▶︎マスク・ハンドジェル入荷情報

残虐すぎる大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件

事件発生から死刑確定までの流れ

事件の概要はかなり残虐なので、詳細は後述します。

事件発生から、逮捕、死刑確定までの流れを簡単に説明すると、

18歳の少年3人が11日間で4人をリンチして殺害

指名手配されるも「俺未成年だしどーせ少年院いって終わりっしょw」と出頭

取り調べや裁判中も「死刑とかありえねーし反省してませんww」とわざわざ検察と遺族を煽る

死刑求刑

マジでビビる

3人「え…少年法あるから18歳は死刑になんないっしょ?」
弁護士「それは18歳『未満』の場合。お前未満と以上の違いわかってる?」

3人、一転して反省の弁を述べまくるも再審全部棄却され死刑

と、反省や謝罪の態度は微塵もなく、死刑が確定した途端に手のひら返しで命乞い。

本当に心底胸糞わるくて仕方がありません。

11日間で4人をリンチして殺害した事件概要

※過激な内容が含まれます

●1994年9月28日 大阪の事件

1994年9月28日、少年達は大阪市中央区の路上で、帰宅途中の柏原市の寿司職人・Aさん(26歳)に因縁をつけ、区内のたまり場であるビルに連れこむ。

少年達はAさんを裸にして、両手両足を縛ったうえで激しい集団暴行を加えた。

強盗目的で襲った上に拉致し、19時間にわたって殴る蹴る、体に火を付けるなどの暴行を加えて、命乞いするAさんの首をベルトで絞めて殺害。

そして死亡を確認するために遺体にタバコの火を付けた。

その後、現場のビルの1階にある中華料理店で食事をしてから、少年らは暴力団員に遺体の処分を相談し、高知県安芸郡奈半利町の山中に遺棄した。

遺体は毛布に包まれているところを発見されたがAさんの顔は家族が判別できないほど、ボコボコに腫れあがっていたという。

1994年10月6日 愛知の事件

10月6日、少年グループの仲間の1人である型枠大工の男性(当時22歳)が女性関係をめぐってAと言い争いになり、AはBやCら仲間7人と共にこの男性をビール瓶や鉄パイプなどで約8時間にわたって激しく暴行した上、翌日未明には愛知県尾西市(現・一宮市)の木曽川河川敷で瀕死の男性を堤防から突き落とし、更に雑木林へ引きずりシンナーをかけた上で火をつけて殺害した。

ビール瓶などで殴打したあと、頭部の傷口をフォークで突き刺し、シンナーや醤油をかけて反応を見るという凄惨なリンチ。

遺体は10月13日に同場所で発見されるが、あまりにも痛々しい火傷の痕があったといわれている。

1994年10月7日 岐阜の事件

10月7日、愛知県稲沢市内のボウリング場で、アルバイト・Cさん(19歳)と会社員・Dさんさん(20歳)ともう1人に「目が合った」と因縁をつけ、財布をまきあげたうえで拉致。

岐阜県安八郡輪之内町の長良川の堤防に連れだし、鉄パイプでメッタ打ちにした。
2人がぐったりすると、煙草の火を押しつけ、死んだか確認し、さらに暴行を続けた。

少年たちは現場をあとにしてからも「ツルハシでとどめをさしておけばよかった」と戻ってきて確認した。

遺体は翌日に同場所で発見され、両者の遺体は頭蓋骨や腕など全身骨折の上、身体の血管の大部分が損傷を受けて大量出血しているという無惨なものだったという。

逮捕後のあまりにもナメ腐った態度




主犯格らは、強盗殺人、殺人、死体遺棄、強盗致傷、恐喝、逮捕監禁の計6つの罪で起訴されました。

裁判では、主犯格3名は反省のない態度をみせ、「自分は未成年だから死刑にはならない」「俺の刑はどれくらいなの」と発言したり、被害者遺族に対して笑みを見せるなどして、傍若無人な態度を繰り返していました。

このような反省なき態度、あまりに残虐な犯行から、1審の名古屋地方裁判所においては検察より死刑が求刑されることになったのです。

しかし、2001年7月9日、名古屋地裁で判決公判が開かれた際、

1人は殺人罪で死刑もう2人は傷害致死罪で無期懲役の判決が下されました。

この判決に遺族からは「何だ、これは」と憤りの声が上がり、弁護側・検察側共に判決を不服として控訴。

2015年に控訴審判決が行われ、「4人の生命を奪った結果は重大」「3被告の役割には差は無い」として死刑積極適用に動き、3名とも死刑の判決を下しました。

しかし、ここで被告側は判決を不服として上告

2011年3月10日、最高裁判所は「11日間という短期間に犯行を重ねており、執拗で残虐。地域社会に与えた影響は大きい」として、上告を棄却し元少年3人に死刑が確定

判決後、死刑確定によって更生の可能性が事実上なくなったことを受けて、各報道機関は3人の実名を公表しました。

「大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件」の画像検索結果

小林正人

「小林正人」の画像検索結果
愛知県一宮市出身。
生後すぐ母親と死別、親類の家の養子となる。
幼少の頃から盗み癖があったらしい。
万引き、カツアゲ等で中学時代には救護院に入っている。
しかしながら益々非行が増長し、窃盗・恐喝・強姦などを繰り返し少年院に入所。
一旦は仮退院したものの強姦事件を起こして補導された。
同年強盗致傷事件を起こして大阪へ逃亡する。

小森淳


大阪府松原市出身。
中学の頃から、シンナー吸引や、原動機付自転車の窃盗など、非行を繰り返すようになった。
定時制の工業高校に進むも1年で中退。
ホストクラブで働いたのちに暴力団の準構成員となる。
3人の中では、所属暴力団において最も上位で、小林との初対面時は山口組所属と自称した。

芳我匡由

「小林正人」の画像検索結果
大阪市西成区出身。
7人兄弟で貧困・放任の家庭で育つ。
小学校6年生頃から、毎日のようにシンナーを吸引するようになった。
窃盗、シンナー吸入などで何度も補導され、初等・中等少年院などを出入りしていた。
17歳だった1994年5月、女性と同棲し、1児を設けて入籍するが、派手な女性交友が原因で、同年8月に離婚していた。

引用:NEVERまとめ

この事件概要と25年経った今も死刑が執行されていないことにネット上では憤りと困惑の声

  • 死刑判決受けてから謝罪とか殺された人たちは命乞いやらしてたのになぁ結局死ぬとわかると謝罪か、この謝罪には価値はないただ死刑から免れたいだけ
  • 人としてグズ過ぎて笑えない。はよ死刑執行しろ
  • 女子高生コンクリ事件とか名古屋アベック事件も、そうだけど少年法いらないと思うんだ
  • 死刑は当然過ぎる
  • まだ更生をほざくか?弁護士やめろ。人間じゃない鬼畜共を実名報道せんかい
  • このゴミどもは更正など不可能。 被害者のご家族同様……1日も早く死刑執行となる事を望みます。
  • 生かしておく意味が分からないほどの屑、社会に放てば害獣にしかならない。死刑もこいつらがしたように金属バットや鉄パイプで死ぬまで滅多打ちにして殺そう、死刑でも足りない凶悪犯
  • 寝る前に読んだことを後悔。誰しも大きな事件に巻き込まる可能性はある、自分が他者から甚大な加害を受けずにこれまで生きてこれたのはたまたまなんだよな。
  • そもそも少年法は敗戦直後の社会状況で犯罪に走らないと食っていけない少年を守る趣旨で作られたものやから現代まで何も変わらず残ってるのがおかしい
  • いじめかなんかかと思ったら暴力団に所属して無差別に犯罪行為してたんかヤバすぎるわ
  • 反省したような発言したら罪が軽くなるのがおかしい
    そうしたら犯罪者は綺麗事言うに決まってるやろ
  • そういう刑なんだろな。いつ死ぬか分からん生活を長年やらせて覚悟緩んだ頃に殺すっていう

最後に

ネット上でのコメントがあったように、いつ死ぬか分からない生活を長年させて、覚悟緩んだ頃に死刑を執行するというのは精神的な苦痛や心から反省の気持ちを持たす期間と考えられなくはないですが、この3人には正直時間もお金も無駄でしかないように思えてなりません。

何より遺族のみなさんが本当に浮かばれないです。

このような非人道的で悲惨極まりない事件が2度と起きないことを願うばかりです。

▶︎withコロナ時代に読んでおきたい

 

生配信中の酷すぎる暴力「女殴って何が悪いんだよ?」「腹殴って妊娠できなくしてやる」これで逮捕されないのおかしい女性への暴力行為の動画がアップされ、大炎上しているYouTuberのよりひとをご存知でしょうか? よりひとは以前から、他のYouT...
女子高生死亡事故の87歳が無罪判決。運転を止められていた?裁判長が告げた衝撃の一言に絶句……2018年1月に群馬県・前橋市で自転車登校中の女子高校生2人を87歳の男性が車ではねて死傷させた事故がありました。 その男性、当時...
女性役員「妊娠したら減給と言われマタハラされました!」会社「そのような事実はない」⇒論争の結果wwwマタハラはセクハラ、パワハラと共に近年かなり問題視され耳にする機会が多くなりましたね。 『マタニティー・ハラスメント(...
【自業自得】日本人Youtuber「インパクトある動画」を狙い南米のスラム街へ行った末路がこちら..再生数を稼ぐため、YouTuberの方の中にはかなり体を張った企画や、無謀とも思えるようなチャレンジを動画に収めている方も数多くいるので...
RELATED POST