【逮捕】日大ラグビー部員が大麻所持疑惑 ラグビー部は無期限の活動停止に|もしもしワールド
スポーツ

【逮捕】日大ラグビー部員が大麻所持疑惑 ラグビー部は無期限の活動停止に

日大ラグビー部員 樋口弘晃容疑者(21) 大麻所持疑いで逮捕

日本大学ラグビー分部員の樋口弘晃容疑者(21)が麻取締法違反(所持)の容疑で逮捕された。

・樋口弘晃:日本大学文理学部の3年生
・158センチ、77キロと小柄
・ポジションはスクラムハーフ(SH)
・SHとして昨年の関東大学リーグ戦で2試合に途中出場するなどレギュラークラスの選手だった
・出身高校は全国高校大会(花園)に8度出場した熊本の強豪、荒尾高校で主将を務めた

18日の夜、渋谷区の路上で樋口容疑者の不審な様子に気がついた警察官が職務質問したところ大麻所持が発覚したとのこと。

樋口容疑者は調べに対し容疑を認めており、「自分で使っていた」と供述しているという。

東京都稲城市にあるラグビー部の寮の家宅捜索をするなどして、大麻の入手経路については調査中とのこと。

10代、20代では友人知人からの誘いがきっかけで手を出してしまうケースが最も多い。
樋口容疑者の交友関係の調査が重点的に行われることが予想される。

平成30年調査によると、初めて大麻を使用した経緯を「誘われて」と回答したのは、20歳未満では86.1%、20歳代では77.9%。初めて使用した年齢が若いほど、誘われて使用する比率が高いことがわかります。

引用:https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201806/3.html#section3

 

日大ラグビー部は無期限の活動停止に

日本大学のホームページではこのような謝罪文が掲載されており、部活動は無期限停止が決定した。

本学ラグビー部部員の不祥事について

本学ラグビー部員が法令違反により逮捕されたことについて,心よりお詫び申し上げます。
今回の事態を重く受け止め,同部は活動を無期限停止いたしますことを御報告いたします。 捜査中のため詳細は公表いたしかねますが,御理解の程,何卒よろしくお願いいたします。
最後に,これまで応援いただきました多くの皆様の信頼と期待を裏切る事態となりましたことに,重ねて心よりお詫び申し上げます。

引用:https://www.nihon-u.ac.jp/information/2020/01/11731/

日大ラグビー部は創部90年以上の歴史を持ち、関東大学リーグ戦1部に所属する強豪チームとして知られている。昨年秋の関東大学リーグ戦グループでは22年ぶりの準優勝を勝ち取り、注目を集めていた。

報道を受けた世間の反応

盛り上がりを見せるラグビーブームの中の今回の不祥事に、落胆や失望の声が大きい。
また、連帯責任として無関係な他部員まで活動を停止させられることに対する疑問の声も多く見受けられた。
また、受験シーズンということもあり出願数が減少することを懸念する声もあった。

https://twitter.com/loverugbyjp/status/1219410119890333697?s=20

 

最後に

日大ラグビー部は昨年から徐々に勢いを増し、スクラムは大学トップクラスにまで強化されており、2020年度以降にも期待が高まっていただけに今回の不祥事はとても残念である。

厳しい練習に耐え必死に努力してきたなんの罪もない他部員が連帯責任として活動できないというのは不憫でならない。入手経路の判明、部活動再開が早急にされることを願うばかりである。

大麻に関しては、海外では合法化されている国も多いことから「有害ではない」という誤った認識が蔓延していることもかなり問題であるように思う。

 

 

RELATED POST