「あなたは香川県民ですか?」→60分でゲーム強制終了 ホントに“香川対応”するブラックジョークが秀逸ww|もしもしワールド
社会問題

「あなたは香川県民ですか?」→60分でゲーム強制終了 ホントに“香川対応”するブラックジョークが秀逸ww

香川県で4月1日から「ネット・ゲーム依存症対策条例」が全国で初めて施行されることが決定し議論を読んでいるのをご存知でしょうか?

香川県に住む18歳未満はゲームのプレイ時間を平日は60分(休日は90分)まで、スマホの利用は22時まで(※義務教育修了前の子供は21時まで)に終了することを保護者に求めるという条例です。

結構批判の声も上がっているこの条例にいち早く対応したスマホゲームアプリが話題になっているのでご紹します。

「あなたは香川県民ですか?」「YES」→60分で強制終了

施行開始の4月1日に向けて、スマホゲーム「マッチョGoGoGo」にウソみたいなホントの機能、その名も『KAGAWA モード』が実装予定ということで話題になっています。

ゲームを起動すると
「あなたは香川県民ですか?」という質問が現れる

「Yes」と答えると

「KAGAWAモード」が起動。
通算起動時間が1時間に達すると強制終了されるという機能ですww

 

かなりブラックジョークねww

これに対してネット上では

  • これで香川県民も安心だwww
  • これをジョークとして笑っていられるうちが華
  • KAGAWAモードで香川の県会議員も強制終了して欲しいわ
  • 中々バカで笑える対応ですが、おそらく条例を決めたおじいちゃん達には何を皮肉られてるのか全く理解できないと予想します。
  • 香川県のゲーム規制条例批判大喜利でよく見かけたネタをマジで実現に移した猛者が現れたかw
  • 仕事早くて笑う 外出がためらわれるこの時期に60分しかゲームさせてもらえない香川キッズ可哀想…

というような揶揄で返すコメントが多く見受けられました。

香川県の対応に集まる批判とその背景

この香川県の施策に対して素案の段階から批判は集まっており、県が運営するサイトではパブリックコメントを実施し、そこにあった反対意見を受けた結果、

このような“時間制限”は「家庭におけるルールづくりの『基準』と規定していた」もの。
家庭での話し合い、ルール作りなどに重点を置くとしており、「こうした考え方を明確にするため」に「基準→目安」など一部文言の修正が行われました。

パブリックコメントに実施に対する結果報告↓

またもう1つ、素案の段階から批判の的となっていたのが同条例第11条です。

香川県はゲームメーカーなどに対して「(香川)県民のネット・ゲーム依存症の予防等に配慮」「県民のネット・ゲーム依存症対策に協力」するよう求める内容になっていました。

ネット上では「県外の事業者にまで影響が及ぶ」「法的/技術的/コスト的に考えて問題があるのではないか」など懸念の声があがっていました。

こういった背景から“ゲームメーカーら事業者側の対応案としてブラックジョークのように語られるようになったのが、

利用前にユーザーに対して『あなたは香川県民ですか?』と聞く
→香川県民だったら60分経過した時点で強制終了する

というもの。

そして、このアイデアをそのまま実装したものが上で紹介した「マッチョGoGoGo」の、香川県民だけ「1日60分」で強制終了されてしまう「KAGAWAモード」です。

開発元であるクアッドアローによると、

『どんなことでも過剰にのめり込んだら害がある』という意味ではゲームにも害はありますね。しかし議員が“おれ頑張ったアピール”するために作ったとしか思えないザルみたいな条例では何も解決しないでしょう。もっと議論を深める問題提起をするために今回のモードを実装して世に問うてみました

とコメントしています。

KAGAWAモードには「休日のプレイ時間上限は90分が目安とされているが、それに対応できない」「香川県内の子どもだけでなく、大人にまで制限がかかる」といった問題点もあるのですが、ネット・ゲーム依存症対策条例に対するパブリックコメントでも「(同条例は)県民全員にネット・ゲームの時間制限を行うよう求めているように見える」という指摘があり、むしろ同条例に対する戸惑いをストレートに反映したシステムになっている、といえるかもしれません。

クアッドアローによれば、KAGAWAモードはエイプリフール企画ではなく「当面はそのまま」搭載し続ける考え。「次のバージョンアップの機会になくなるかもしれませんが、そもそも次のバージョンアップの予定がありません」とのことです。

引用:ねとらぼ

RELATED POST