【異常な血税の使い道】コロナ収束後のお祭り騒ぎ用に1兆7000億円、、現状のコロナ対策予算との差に怒りと不安で震えが止まらない…|もしもしワールド
社会問題

【異常な血税の使い道】コロナ収束後のお祭り騒ぎ用に1兆7000億円、、現状のコロナ対策予算との差に怒りと不安で震えが止まらない…

安倍首相が打ち出した「アベノマスク」にカビが付着するなどの不良品が見つかっていたことが報道によってあきらかになり、4月22日、厚労省もその事実を認めました。

ネット上では「アベノマスク」ならぬ「カビノマスク」などと呼ばれはじめていますが、安倍政権は全戸配布の計画を撤回することなく、布マスク配布に446億円もの血税を注ぐといいます。

しかし、「税金の使い道」として批判が高まっているのは、アベノマスクだけではありません。

【異常な血税の使い道】コロナ収束後のお祭り騒ぎ用に1兆7000億円、、

22日放送の『news23』(TBS)では、安倍首相が時間を浪費してまとめた緊急経済対策の中身に疑義を呈しました。

その最たる例として挙げられたのが、Go To キャンペーン」予算です。

この「Go To キャンペーン」というのは、経産省の説明によると

〈感染症流⾏が収束した後、国内における⼈の流れと街のにぎわいを創り出し、地域を再活性化するため〉

におこなわれるもので、旅行や飲食、イベント、商店街への消費喚起のための

  • Go To Travel キャンペーン
  • Go To Eat キャンペーン
  • Go To Event キャンペーン
  • Go To 商店街 キャンペーン

を実施するというものです。

その事業費に、なんと16794億円も計上しているというのです。

この予算がいかに異常なものかは、喫緊に必要だといわれている予算と比較すれば一目瞭然です。

画像

実際

  • マスク、消毒用エタノール等の物資の確保・・・1838億円
  • 人工呼吸器の確保・・・265億円
  • ワクチン・治療法の開発促進等・・・275億円
  • 国立病院機構・地域医療機能推進機構における医療提供体制の整備・・・65億円
  • 検査体制の確保・・・49億円

(すべて厚労省補正予算案から)

これだけしか計上されていないんです。

この厚労省補正予算案で「感染拡大防止策と医療提供体制の整備及び治療薬の開発」のために計上されているのは、トータルで6695億円です。

え、、?

「Go To キャンペーン」は16794億円?

現状のコロナ対策の予算の2.5以上の予算が計上されている???

楽観視にも程がありませんか、、

おかしいと思わざるを得ない点はまだあります。



厚労省以外の省庁の関連予算をかき集めても、「感染拡大防止策と医療提供体制の整備及び治療薬の開発」のための総額は約2兆5000億円。

この金額には、新型コロナ対策とは言えないものまで含まれているんです。

それは、新型コロナの日本の対策に対するSNSなどの批判をチェックして海外からの批判を封じ込めるために外務省に計上されている24億円などです。

にもかかわらず、

いつ収束するのか世界中の誰も知る由もない収束後のレジャーや外食などの消費喚起キャンペーンの費用に1兆6794億円も計上しているんです。

その一方で、厚労省による医療現場用のマスクなどの物資確保やワクチン・治療法開発、医療提供体制の整備、検査体制の確保などの緊急性の高い分野には、消費喚起キャンペーンの約3分の1しか予算を充てていない……。

「どこが緊急?」と言われて当然の内容ではないでしょうか。

引用:exciteニュース

ネットでは呆れと怒りの声が殺到

https://twitter.com/kaz_fukuyama/status/1252976487512174593?s=20

最後に

収束後のことよりもまずは命を守るために、医療に予算を投じるべきではないでしょうか。

また、観光や飲食の半額クーポンって一体いつ使うんでしょうか?この感染が収まらない限り旅行にも外食にも行けない。

旅館や旅行会社、飲食店が困っている今この現状を助けてあげてほしいです。

今困窮している飲食店や観光業者を支援しなければクーポン使えるようになった頃にはレストランもホテルも潰れてしまっていると思わずにはいられません。

シェアしていただけたら幸いです。

 

 

 

RELATED POST