Google翻訳終了のお知らせww 方言までペラペラに訳せる翻訳サービスが出たと話題騒然!これは凄すぎるww|もしもしワールド
有益ハック

Google翻訳終了のお知らせww 方言までペラペラに訳せる翻訳サービスが出たと話題騒然!これは凄すぎるww

英語から日本語、日本語から英語に文章を訳すときなどGoogle翻訳にお世話になっている人は多いのではないでしょうか?

最近ではかなり精度が向上しており、以前ほど違和感のある文章にはなりませんが、やっぱり微妙なニュアンスや文の繋ぎ方などはぎこちなさを感じ満足しきれない部分もありますよね。

しかし今、そんな不満を払拭するようなすごい翻訳サービスがあると話題になっているので、今日はその翻訳サービスDeepL翻訳についてご紹介します!

方言までペラペラに翻訳できる「Deep L」とは?

DeepL翻訳」は2017年8月にサービスが開始された機械学習を用いたオンライン翻訳サービスです。

日本語と中国語の翻訳に新しく対応したとのことなのですが、その精度の高さが半端じゃ無いんです!

下の画像が、他の翻訳サービスとの比較グラフです。

1番左のブルーのグラフだけかなり高いわね、、!

これはGoogleやAmazon、Microsoftなどの翻訳システムで訳した文章とDeepL翻訳で訳した文章を、翻訳システムの名前を伏せた状態で評価してもらった結果です。

1番左のブルーDeepLの翻訳がずば抜けて高い評価だったことが分かります。

実際に試してみた結果!

実際にどれくらいDeepLがすごいのか、Googel翻訳と比較してみました。

元の文章は3月24日にCNNニュースに掲されていた東京オリンピック延期に関するニュースの冒頭を抜粋したものです。

まずはGoogle翻訳

ほぼ違和感はないですが、少し気になる点は2点。

  • 冒頭の安倍首相の名前が「安倍Shin三首相」となっている
  • “has been facing”が「大きな圧力に直面しています。」と少し時制に違和感がある

続いてDeep L

おお!Googleでは出てこなかった「安倍晋三」がちゃんと訳されてますね!

また、has been facingも「直面してきた」となっており、こっちの方が違和感のない時制に思えます。

また実際にDeepL翻訳を試した人からは、「方言まで訳すことができた!」という報告も挙がっています。

画像

これはすごい!!完璧に翻訳できていますね!!

これを見た人たちからは

画像

 

実際に試して驚いている方が大勢見受けられました。
一方長野の方言はできなかったなど、さすがに全て完璧に翻訳することはまだ難しいみたいですが、それにしてもこの精度には驚きです。

最後に

DeepL翻訳を使ってみた結果、翻訳された文章が日本語としても読みやすい、こなれた文章になっていると感じました。DeepL翻訳は何百万という翻訳済みテキストを基に機械学習を行い、日本語と中国語の社内エキスパートからの助言を総合して日本語・中国語の翻訳を実現したとのことです。

気になった方は実際に使ってみると、精度の高さに驚くこと間違いないと思います!

DeepLのURL:https://www.deepl.com/translator

ソフトウェア版も用意されています!
公式サイトのダウンロードページからWindows版またはMac版をダウンロードすることが可能です。

参照:Gigazine

RELATED POST