【コロナウイルスで隔離のクルーズ船】乗客の1人が中の様子をツイッターで発信「パンも水も薬もない」過酷さが伝わる..|もしもしワールド
社会問題

【コロナウイルスで隔離のクルーズ船】乗客の1人が中の様子をツイッターで発信「パンも水も薬もない」過酷さが伝わる..

連日コロナウイルスのニュースが後を絶ちません。
6日朝、横浜港に着岸したクルーズ船で新たに10人が新型コロナウイルスに感染していることが分かり、これで乗船者の感染者は20人になったとの発表がありました。

このクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号に今現在(6日)も乗船中のえぬかわさんという男性がツイッターで状況を発信しており注目を集めています。
クルーズ出発後から時系列でまとめてみると、実際の船内の様子はこのようになっていました。

旅程は1月20日〜2月4日の16日の予定だったが、、

ざっと旅程の概要を調べると、1月20日に横浜を出発し、
鹿児島→香港→ベトナム→台湾→沖縄→横浜という経路だったようです。

出発日から25日まで感染者が乗船していたことを乗客は後から知った様子。

「コロナ クルーズ船 経路」の画像検索結果

えぬかわさんのツイートは1月28日から始まっています。

1月28日

この時はまだ、ウイルス感染者が乗船していたことを知りません。

2月3日

まだこの時も知らされていないようです。

乗船客の不安を和らげるためにでしょうか、、
クルーの方たちには頭が下がるばかりです。

2月4日

機内アナウンスでこのように言われても不安になるばかり、、
というかこの時にはすでに感染者はいるはずなので、混乱を避けるためにこのようにアナウンスしたのでしょうか、、

 

余談ですが、ツイートのリプ欄を見ると各報道関係者がこぞってえぬかわさんに取材依頼を求めている様子が見受けられます。

 

 

すでにこの時点で感染者が下船してから10日が経過しています。
そして本来なら、この日がクルーズの最終日だったはずですがここからさらに船内の状況は過酷になります。

2月5日

2月6日

 

ここで一旦えぬかわさんのツイートは最後となっています。
食料や水の確保も難しく、部屋からも出られないという非常に過酷な状況が伝わってきます。
なにより、感染しているかもしれないという精神的な不安がかなり大きな負担になっていることでしょう。

1日でも早く乗客のみなさんが無事下船できることを願うばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

RELATED POST