【胸糞】「どこまで動くか可動域を見たかった」 生後1ヶ月の次女の左腕や両足の骨をポキポキ折る無職の父|もしもしワールド
社会問題

【胸糞】「どこまで動くか可動域を見たかった」 生後1ヶ月の次女の左腕や両足の骨をポキポキ折る無職の父

幼児虐待の胸糞悪いニュースは後を立たず、また悲惨な事件が起きました。

サイコパス「どこまで可動域があるのか見たかった」

生後1カ月だった次女の左腕を骨折させたとして、大阪府警は5日夜、堺市北区の無職、佐野亮容疑者(33)を傷害の疑いで逮捕しました。

逮捕容疑は1月27~29日、北区中百舌鳥町の自宅で次女の左腕をねじり全治約3週間の骨折をさせたと報道されています。

容疑を問われた佐野容疑者は

「どこまで可動域があるのか見たかった」

と容疑を認めているそうです。

本当に頭おかしすぎるし、お前がやられろって感じです。
一生娘さんたちや奥さんに会わないでほしいです。

過去には長女への身体的虐待も

捜査1課によると、佐野容疑者は妻と長女(4)、次女の4人暮らし。
次女が左腕を痛がるのに気付いた妻が29日に病院へ連れて行き、骨折が判明したそうです。

両足にも骨折があったため病院が児童相談所に通報し、府警は日常的な虐待がなかったか調べている状況です。

今回は生後まもない次女に対しての虐待でしたが、この家庭には4歳になる長女もいます。今まで長女に被害はなかったのでしょうか?

実際には府警が2017~2018年、長女への身体的虐待などで計4回、児相に通告していることがわかっているようです。

参照:毎日新聞



最後に

長女への虐待も過去にあったのなら、未然に今回の事件は防げなかったのか!という意見も多く見受けられました。

児童相談所が抱える根本的な課題が根深いことを痛感してならないです。

そして奥さんのこともかなり心配になる事件でした。
DVなどを受けている可能性がかなり高いように思います。
こんなクソ野郎さっさと離婚してしまえばいいのに!と安直に思ってしまいますが、簡単にできない理由がある気がしてならないです。

この辺りも含めて社会的養護・児童擁護の問題が少しづつ解決されることを願ってならないです。

RELATED POST