オーストラリアを焼き尽くす大規模火災 悲惨な現状と今私たちにできることは|もしもしワールド
環境問題

オーストラリアを焼き尽くす大規模火災 悲惨な現状と今私たちにできることは

10億以上の動物が犠牲に 韓国と同面積が焼き尽くされる

コアラが必死に消防隊員が与えるペットボトルの水を飲んでいる動画や、逃げ遅れて焼死したカンガルーの悲しい写真などを目にした人も多いのではないだろうか。

オーストラリアで昨年9月から続いている深刻な森林火災。これまで体験したことがないような森林火災が、いまオーストラリアを焼き尽くしている。この大規模な森林火災はオーストラリアの大地と生態系を破壊し、オーストラリア大陸と地球に取り返しのつかない被害をもたらしている。

  • 哺乳類、鳥類、爬虫類など10億匹以上の動物が犠牲となり死亡
  • そのうちコアラのコアラの数は2万5000匹(南オーストラリア州カンガルー島では、生息するコアラの半分が犠牲になった可能性がある)
  • 消防士を含む少なくとも27人が死亡
  • 2000軒以上の家屋が壊滅
  • 韓国の面積に匹敵する約1030万ヘクタールが延焼

そして被害は今もなお広がり続けている。

 

森林火災の原因 なぜ拡大、長期化しているか

豪州では例年、夏を迎えて乾燥する12月ごろに森林火災が発生する。

原因については色々な要素があるが、

  • 猛暑と乾燥による極度の干ばつ
  • 火災による上昇気流が、「火災旋風」を生み消火活動を困難にしている
  • ユーカリの葉に引火性分が含まれている
  • モリソン首相ら政府の対応不足

などと言われている。

またネットニュースでは環境活動家が放火したことが原因などとも言われているが、これに関しては現在確実な証拠があるわけではない。

イギリスの大手一般新聞社「The Guardian」によると、

ビクトリア州警察はこうした情報の広がりに反論。「州の壊滅的な山火事のどれもが放火によって引き起こされたという証拠はない」と述べている。

引用:https://www.theguardian.com/australia-news/2020/jan/08/police-contradict-claims-spread-online-exaggerating-arsons-role-in-australian-bushfires

この火災をめぐっては国内外でも同様の情報のほか、過去の写真や誤った情報がSNSで多々広がっているため注意が必要。

地球温暖化との関連性

温暖化が直接的な森林火災の原因ではないが、温暖化の影響で更に悪化していることは間違いないだろう。

オーストラリアでは2019年、観測史上最高の平均気温を記録し例年よりも1.5℃も暑かった。この暑さは土壌や空気の乾燥を引き起こし森林火災のリスクを上げている。

そして森林火災は、温室効果ガスを大量に排出し更に温暖化に寄与するという最悪の悪循環となってしまうのだ。

今回のオーストラリアの森林火災で排出された二酸化炭素が吸収されるには100年以上かかるとも言われている。

悲惨な現実に寄せられる声

この史上最大規模の深刻な森林火災は日本のテレビではあまり報道されていないように感じるがSNSなどを通して、多くの人が悲しみや祈りの声を上げている。

https://twitter.com/korobl0g/status/1214498971609006080?s=20

 

https://twitter.com/09J75BhRuUZ294y/status/1214391127408664576?s=20

https://twitter.com/tomo10131/status/1214794449458323456?s=20

 

https://twitter.com/nekonoboris/status/1214307740115275776?s=20

 

https://twitter.com/Hyuna_kihyuna_/status/1214395774965972992?s=20

 

https://twitter.com/yousuck2020/status/1214096530233118727?s=20

私たちにできること 小さなことでいいからできることをしよう

できる小さなことでいいから「可哀想。。」と言うだけでなく行動しよう。

スタバのコーヒー1杯、セール品だからと言って必要ではないのについ買ってしまう洋服。

これを1回我慢してその分寄付することは難しくないはず。

SNSを使えば自分の周りに拡散することもできる。

小さなコミュニティだとしても、小さな事だとしても当事者意識を持って行動を起こすことが何よりも重要だ。

東日本大震災の時、京都アニメーション事件の時、たくさんの人が助けてくれた。

オーストラリアからの寄付た支援もたくさんあった。今度は私たちがサポートする時のはずだ。

オーストラリアのため、動物のため、地球のためできる行動をしよう。

下記に寄付できるリンクを貼るので、可能であれば寄付の検討をしてみていただきたい。

 

RELATED POST