【エリート夫婦の闇】犯罪心理学の准教授が法務省勤めの妻を馬乗りになって刃物でメッタ刺し..|もしもしワールド
社会問題

【エリート夫婦の闇】犯罪心理学の准教授が法務省勤めの妻を馬乗りになって刃物でメッタ刺し..

3月16日の夕方、さいたま市の埼玉県庁前で1人の女性が刃物で殺害される事件がありました。

刺された女性は浅野法代さん(53)。

刺したのはその夫の浅野正(51)。

なんと浅野は犯罪心理学を専門とする大学の准教授でした。

なぜ犯罪心理学の准教授がこのような事件を起こしてしまったのか、、

犯罪心理学の准教授が法務省勤めの妻を殺害

事件は16日午後6時ごろ発生。「女性が刺された」と119番があり、法代さんは搬送先の病院で死亡が確認されました。

浅野容疑者はさいたま市の県庁や裁判所などが集まる官庁街の路上で、16日夕方、妻の法代さんを複数回刺し、殺人未遂の現行犯で逮捕されました。

法代さんは、現場近くのさいたま少年鑑別所に勤務する法務省の職員で事件当時、職場近くの官舎に帰宅後、自転車で外出したところだったとみられています。

浅野容疑者は自転車に乗っている法代さんに対して後ろから近づき、自転車後部をつかんで路上に押し倒したあと、馬乗りになって刃物で胸などを中心に2箇所を刺し、その様子を通行人に目撃されています。

警察の取り調べにおいて浅野容疑者「包丁は用意して持ってきた」

と犯行を認めています。

法代さんの傷は胸の深い部分にまで達していて、警察は、浅野容疑者が強い殺意を持っていたとみて、今後、容疑を殺人に切り替え動機などを追及することにしているとのことです。

浅野容疑者は犯罪被害者の支援活動にも取り組んでいた

浅野容疑者が勤める文教大学の人間科学部長は、「性格的には大変温厚なタイプ。物静かな性格の先生でした。今回の事件を受けて、わたしも大変驚いています」と話しています。

殺人犯の浅野正は文教大学 人間科学部 臨床心理学科の准教授
殺害された浅野法代さんは法務省の職員

しかも浅野容疑者は大学のホームページによると、犯罪心理学などが専門で、犯罪被害者支援活動にも取り組んでいたそうです。

犯罪対策や法律に携わるエリート夫婦に何があったのか。

「浅野容疑者 文教大学」の画像検索結果

親族によると、夫婦仲が悪く、口論などもあったといいます。
そして浅野容疑者は文教大キャンパスのある同県越谷市に住み、妻の法代さんとは別居中だったとのことが分かっています。

引用:FNNニュース

ネットでは驚きと困惑の声

https://twitter.com/Zn8Takako/status/1239910467872509953?s=20

https://twitter.com/HKT48STU48NGT48/status/1240038029969899520?s=20

https://twitter.com/merci0204/status/1239891800648609793?s=20

 

RELATED POST