昭恵夫人「コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです」オカルト変態ドクターと一緒に大分で参拝が色んな意味でヤバすぎる、、|もしもしワールド
社会問題

昭恵夫人「コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです」オカルト変態ドクターと一緒に大分で参拝が色んな意味でヤバすぎる、、

安倍晋三首相が、新型コロナウイルスから「自らの身を守る行動を」と警戒を呼びかけたのが3月14日。

その翌日、昭恵夫人大分に旅行し、約50人の団体とともに大分県宇佐市の「宇佐神宮」に参拝していたことが、「週刊文春」の取材でわかったそうです。

なお、3月14日時点での国内感染者は699名。
急激な増加が始まり出す2週間ほど前です。

引用:東洋経済オンライン

「コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです」

昭恵夫人は、同行者に「コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです」と語っていたといいます。

3月15日、昭恵夫人が訪れたのは、大分県宇佐市の「宇佐神宮」。

この日、昭恵夫人は朝7時ごろに宇佐神宮の元宮・大元神社を訪れた後、車で移動し、午前10時半ごろに宇佐神宮へ。

目撃者はこのように話しています。

「この時期なので境内を歩く人はまばらなのですが、その中で、ほとんどの人がマスクをつけていない団体が境内を歩いていたのです。しかも、よく見ると先頭に立っていたのはノーマスクの昭恵夫人無警戒さに驚きましたね」

同行したのはオカルト臭漂う「変態ドルフィンドクター」

更に強烈なインパクトだったのが、一緒に同行したツアーのメンバーです。

参拝に同行したのは、医師の松久正氏が主催するツアーの一行。

〈神ドクター降臨 in Oita〉と銘打たれたツアーを主催する松久氏は、慶応大学医学部出身で「ドクタードルフィン」「変態ドクター」などと自称し、鎌倉市内で診療所を経営しながら、講演やYouTubeでも活動している人物だそうです。

松久氏の「診療方針」について、公式サイトでは、

〈ドクタードルフィンの超高次元医学(診療)では、薬や手術というものを一切使いません。患者自身で問題(人生も身体も)を修復する能力を最大限に発揮させます〉

このように説明しています。

実際のこのツアーのポスターはこちら。

画像

なんか、胡散臭さ全開じゃないですか?

地球を宇宙のヒーローにする大和魂ってなんなのでしょうか?

DNAコードをプレゼントって怖すぎませんか?

また、新型コロナウイルスについても、フェイスブックで

〈不安と恐怖が、ウィルスに対する愛と感謝に変わった途端、ウィルスは、目の前で、ブラックホールから、突然、喜んで、消え去ります〉

と述べています。

余談ですが、松久氏の公式サイトではオリジナルグッズも販売しているようで、想像がつくとは思いますが、よく分からない高額さです。

なぜ昭恵夫人は、松久氏率いるツアー一行と宇佐神宮に参拝したのか、を松久氏に聞いたところ、

「どこでツアーをお知りになったのかは分かりませんが、昭恵さんから『コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです。宇佐神宮へは前から行きたかった。私も参拝していいですか』とご連絡をいただきました。ツアーそのものには参加しておらず、参拝だけ合流した形です」

と回答したとのことです。

また昭恵夫人の行動について、安倍事務所に書面で事実確認を求めたが、回答はなかったということです。

この前日には、安倍首相が記者会見して、「現状は依然として警戒を緩めることはできません」「感染拡大の防止が最優先」「全国津々浦々、心を一つに、正にワンチームで現在の苦境を乗り越えていきたい」と国民にコロナウイルス対策の重要性を訴えていたにも関わらず、、

引用:文春オンライン




昭恵夫人の行動についてネットでは非難が殺到

【ほんまに聞いてほしい】マジでコロナを舐めたらアカン!NYに住むシングルマザーが必死に伝える現状と日本人へのメッセージに驚愕する..連日、過酷さと深刻さが増すコロナウイルス。 世界各地で不安と混乱と恐怖が蔓延している中、日本の3週間先の状況にあるといわれているニ...
13歳の天才少年があるものを自作し病院に1300本寄付! 4月に布マスク2枚ってアイデア出した人に教えてあげてほしいww新型コロナウイルスの影響でマスクを常に手放せない日々が続いていますよね。 長時間つけても痛くならないように工夫されているマスクが多...
コロナ感染の妊婦が昏睡状態に。それから12日後に目が覚めた時にはお腹の膨らみは無く、その光景に思わず目頭が熱くなる..新型コロナウイルスが世界中に蔓延し、多くの人々を悲しみと不安、恐怖に直面しています。 そんな中、世界でもっとも感染者数の多いアメリ...
バンダイナムコ、信用ガタ落ちのWHOにまさかの1億円寄付。そんなとこより、病院や国内を助けろ!怒りと呆れの声が、、世界保健機関(WHO)の事務局長であるテドロス氏が新型コロナウイルスのパンデミックへの対応を誤ったこと、そしてかなりの中国寄りの発言をし...
RELATED POST