「ずっと前を向いていて」コロナで休校中の子どもが留守番、泥棒と鉢合わせた末路が…愛知の治安が最悪すぎる…|もしもしワールド
社会問題

「ずっと前を向いていて」コロナで休校中の子どもが留守番、泥棒と鉢合わせた末路が…愛知の治安が最悪すぎる…

新型コロナウイルスの影響で小中学校の臨時休校が続くなか、愛知県では留守番中の子どもが、空き巣狙いの犯人と鉢合わせする事件が相次いでいます。

コロナで休校中の子どもが留守番、泥棒と鉢合わせ..

県警生活安全総務課によると、県内の小中学校で臨時休校が始まった3月2日以降、小中学生が留守番をしている家への侵入盗被害が3件確認されているということです。

愛知県西部の尾張地方では3月23日午後、2人組の男が、小学生の男児(11)が1人で留守番中の家に窓を割って侵入。

男児に「ずっと前を向いていて」と指示し、クレジットカードや通帳などを盗んで逃げました。

同日午前にも、同じ尾張地方の小学生の女児(10)が、無施錠の窓から侵入してきた男と出くわした。男は女児を見て、何も取らず逃走したという。

今月9日には県東部の三河地方の男子中学生(13)が窓がたたかれる音を聞き、自宅2階に避難。

家族が帰宅すると、財布などが盗まれていたという。

いずれも子どもに危害はなかったことが救いです。

学校再開は、同県では5月の連休明けの予定とのこと。

県警の担当者は「犯人に襲われて子どもがけがをしてしまう恐れもある。空き巣の侵入を防ぐ対策をとったり、家族で対策を話し合ったりしてほしい」と話しています。

留守番中の子どもを守るには

・ドアや窓に防犯性の高い鍵と補助錠をつける(ツーロック)

・窓ガラスに防犯シートを貼る

・子どもが留守番中は、テレビや照明などをつけて人がいる気配を出す

・不審者が侵入してきた場合はどこに隠れるかなど、万が一のときの対応を親子で事前に話し合う

引用:dmenuニュース

この相次ぐ事件に対してネットでは心配と愛知の治安の悪さを指摘する声が

 

最後に

今回の3つの事件では、お子さんが無事だったからまだよかったですが、最悪のケースも十分に考えられると思います。

大人でも、泥棒と鉢合わせるなんてとても恐ろしい体験です。

そもそも犯罪を犯すことがあってはならないことですが、貧困の果てに治安が悪化するのは時間の問題のようなきもしてなりません。

 

 

RELATED POST